高速道路をアピールして車を高く買い取ってもらえた私

高速道路をアピールして車を高く買い取ってもらえた私

高速道路をアピールして車を高く買い取ってもらえた私

近頃私は、ある大手の業者に車を売却しました。ただ私の場合は、ちょっとその車は買取額が厳しくなると予想をしていました。
その理由なのですが、走行距離です。一般的に車の査定額というのは、走行距離が長くなるにつれて低くなる傾向がありますね。過走行の車などは、やはり査定額も厳しくなりがちです。

 

ところで私が売った車の場合は、10万キロをオーバーしていました。細かく申し上げれば、11万キロ程度ですね。上記のような基準があるだけに、私はその車の売却はちょっと厳しいかなと思いました。

 

ちなみに私は、ある時にディーラーで査定を受けた事があります。その時にディーラーから伝えられた査定額は、確かに厳しかったですね。ゼロ円というほどではありませんが、かなり厳しい額を提示された記憶があります。その金額を聞いた時には、私は少々がっかりしてしまったのですが。
ある時に私は、ある情報サイトで高速道路に関する記述を見かけました。走行距離が長くても、高速道路を走っていれば話は別という情報です。高速道路は状態が良いので、過走行でも高い金額がつく可能性があるという話を知ったのです。
アルファード 下取り

 

そこで私は思い切って、いくつかの買い取り業者にその旨をアピールしてみました。私が持っている車の場合は、主に高速道路を走っていたからです。すると、多くの買取業者からはディーラーよりも高い金額が提示されました。中には、長い距離を走っている割には状態は悪くないと言ってくれた業者もあります。
結局私は、最高額を提示してくれた大手業者に対して車を売却する事ができました。その金額はディーラー店よりも遥かに高いものでした。
長い距離を走っていても、状況次第では悪くない値段が付くものですね。思い切ってその点をアピールしてみて、良かったと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ